トップページへ
弁松の歴史

ホーム > 弁松について

創業約160年。老舗が多い「日本橋」では、まだまだ若造なお店です。

日本初の折詰料理専門店

時に文化7年(1810年)、越後生まれの樋口与一という男が日本橋の魚河岸に「樋口屋」という食事処を開きました。盛りのよさが評判で繁盛していましたが、時間のない魚河岸の人たちは、せっかく食事が出てきても全部食べ切る前に席を立たねばなりませんでした。
そこで、残った料理を経木(きょうぎ)や竹の皮に包んでお持ち帰りいただいたところ大好評で、持ち帰り用を所望するお客様が増えていきました。これが、弁松の折詰弁当の始まりなのです。

二代目竹次郎の時代には、最初から竹皮で包んだ弁当を販売するようになり、三代目松次郎のとき、食事処から日本で最初の折詰料理専門店に変わりました。

日本橋魚河岸で使われたアンカー魚河岸時代のはっぴ(復元)
  • 左:日本橋魚河岸で使われたアンカー
  • 右:魚河岸時代のはっぴ(復元)

弁松になった日

三代目樋口松次郎の時代、店も弁当販売が主流となり、「弁当屋の松次郎」略して「弁松」と呼ばれるようになりました。そして、食事処を店じまいし、折詰料理専門店「弁松」を創業しました。嘉永3年(1850年)のことでした。
徳川御三家の家令が人力車に乗って注文に来たり、日本橋から埼玉まで大八車で弁当を届けたという記録もあります。

以来、約160年間お江戸日本橋で弁当を作り続けています。老舗が多い日本橋では、まだまだ若造なお店ですが、弁当に込められた江戸の文化を伝える店として、これからもお客様をよろこばせていきたいと考えています。

三代目樋口松次郎桶盛の料理(明治時代)
  • 左:三代目樋口松次郎
  • 右:桶盛の料理(明治時代)
  • 弁松の歴史
  • お客様の声
  • メディア情報
  • よくあるご質問
このページの先頭へ

弁松
Copyright(c)Benmatsu-Souhonten. All rights Reserved.
  • 会社情報
  • 採用情報
  • このサイトについて
  • サイトマップ